UKPの家づくり【建てる】

1.地盤

地盤調査イメージ

家作りの基本は地盤から。事前に必ず地盤調査を行い、調査結果に応じた地盤改良を行います。また結果にかかわらず、ベタ基礎を採用しています。

小口径鋼管杭工法

小口径鋼管杭工法

一般構造用炭素鋼管を用いて支持層に回転圧入させる工法です。 主に戸建住宅に使用されています。

深層混合処理工法(柱状改良)

深層混合処理工法(柱状改良)

セメント系個化材に水を加えスラリー状にしたセメントミルクを特殊攪拌翼の先端部より地盤に注入しながら混合攪拌し柱状の改良体を作る工法です。

ベタ基礎

ベタ基礎

壁部分だけではなく床下全体にコンクリートを打って作る基礎のことです。 地盤と接している部分が広いため、建物が安定する基礎です。

2.工法

工法イメージ

鳥取県産材の材木にこだわり、その木の特性を知り尽くした、一級技能士の大工が腕を見せます。将来性を考えて、リフォームが容易な在来軸組み工法と地震にも安心な剛床工法を採用しています。
ミライエロゴ

大震災の被害を最小限に抑える制震装置取付も可能です。※オプション対応です。※ミライエは住友ゴム工業㈱の商品です。
住宅用制震ユニット|住友ゴムのMIRAIE(ミライエ)ホームページ

3.断熱・気密

断熱・気密イメージ

現在の快適な住まいの条件として、「高断熱、高気密な住まいであること」が挙げられます。断熱性能が高ければ、外気温の暑さ寒さの影響を受けにくくなります。安定した室内環境を保つことにより、急激な温度変化から起きるヒートショックも防ぐ事が期待されます。また、アレルギー等の症状を抑える事が出来るとの調査結果も出ております。断熱性を高めるとともに気密性を高める事により、室内からの熱のロスを防ぐ事ができ、熱効率の優れた住宅となります。そのため、冷暖房にかかる電気代も節約できます。
※UA値0.6以上 Q値2.0以上 C値1.0以下を標準仕様としております。

グラスウール断熱

グラスウール断熱イメージ
グラスウール断熱イメージ
グラスウール断熱イメージ

硬質ウレタンフォーム断熱材

硬質ウレタンフォーム断熱材イメージ
硬質ウレタンフォーム断熱材イメージ
硬質ウレタンフォーム断熱材イメージ

4.保証

3つの安心保証

住宅瑕疵担保保険に建物10年間 地盤保障により地盤15年間、防蟻、木材保護塗装によりしろあり防除保証5年間標準で保証します。
瑕疵担保責任10年

瑕疵担保責任10年

瑕疵担保責任保険に入っておりますので。お引渡し後も安心です。保証された住宅に万が一、品確法上の瑕疵が発生した場合に、引渡しから10年間の補修対応致します。

地盤保証15年

地盤保証15年

地盤調査の結果を解析し適切な地盤改良を行いますが、万が一不同沈下等の事故が起きた場合、建物と地盤の補修費用をお引渡しから15年間保証致します。

シロアリ保証5年

シロアリ保証5年

標準で防蟻処理施工致します。万が一蟻害にあった場合も限度額の範囲内で修繕工事を行います。

安心のアフターメンテナンスと定期検査

工事期間中の自主検査を始め第三者機関による検査も実施します。安心のアフターメンテナンスと定期検査を行います。
UKP社員で対応できる、修繕は無償で対応します。※交換材料が必要な場合、外注が必要な場合は除きます。
現地調査(地盤調査等)

図面検査

プレカットチェック

工事着工

基礎配筋検査

躯体検査

防水検査

完成検査

合格(当社保証書発行)

お引渡し

6ヶ月検査

1年目検査

3年目・5年目・10年目検査
工事着工

基礎配筋検査

躯体検査

合格(第三者機関検査保険証券発行)

お引渡し
確認申請

工事着工

行政検査

完了検査

行政検査済証発行

お引渡し

HOME | UKPの家づくり | 建てる